デザインプロセス -プロダクトデザイン

新しい商品のデザインに取り組む際、弊社では以下のようなプロセスで進めていきます。
クライアントの要望やデザイン依頼時点での進行状況によっては、順番を組み替えたり、部分的に行ったりすることもあります。

MarketReseach

開発する商品に関連する市場やこれからの動向などを調査します。
売り場での観察、ユーザーへのインタビュー、既存製品の試用なども行います。
そこから得た情報・体験を整理し、新たな商品コンセプトを検討するための土台をクライアントと共有します。

downarrow
ConceptAndPosition

新商品が押さえておくべき基本条件や掘り起こせる潜在ニーズなどについて、クライアントと意見交換します。
その後、商品開発の方向性(どんな性格付けをした商品をどのマーケットに出すか)をいくつか提案させて頂き、
そのうち最良と思われるものを商品コンセプトに据えます。

downarrow
TechnicalObligations

寸法・重量、熱対策、端子の形状…などの物理的な条件を確認します。
開発予算や、目標原価、ロット数などによって、利用できる素材や製造法、工数などが大きく左右されるので、
デザイン面での自由度をクライアントと概ね確かめて置きます。
法的なガイドラインの有無も大切なチェック項目になります。

downarrow
RoughSketchs

手描きによるラフスケッチもしくは3DCGによるレンダリングイメージにて、意匠案をいくつか提案させて頂きます。
商品コンセプトとの整合性や、コスト・技術面における現実性、そしてもちろん意匠の審美制などを加味して一案に絞り、
意匠ポリシーを決定します。

downarrow
RoughModel

ラフモデルを制作し、スケール感を把握すると共に形状の微調整を行います。
モデルには主にスタイロフォームや真鍮などの素材を使用します。
弊社では、CGのみに頼らず、極力1/1の立体の状態で手に触れながらその形状を煮詰めていきます。
また簡単な構造実験であれば、社内の加工設備でモデルをつくり検証することが出来ます。

downarrow
Productivity

生産性の確認や、量産コストのシミュレーションなどを行います。
製造工場や予算背景など様々な要因によって、デザインを調整する必要が大なり小なり発生するものなので、
状況に応じて、初期コンセプトとスタイリングポリシーを崩さないような方法を見つけて修正していきます。

downarrow
CADModel

三次元CADで構成するパーツそれぞれをモデリングします。
弊社ではライノセラスというアプリケーションを利用しています。
IGES形式もしくはSTP形式が読むことができる3DCADアプリケーションをお持ちの方は、
作成した形状を画面上でご確認頂くことが出来ます。

downarrow
MockUpModel

作成した3DCADのデータから各パーツをラピッドプロトタイピングによって削り出し、
塗装やメッキなどで表面処理したものを組み上げて、精密なモックアップを作り、
最終のデザイン確認を行います。


デザインプロセス -インターフェイスデザイン

操作画面のアイコンから、レイアウト、遷移画面や階層構造まで、人とモノの接点に対し様々な角度からご提案いたします。
操作画面のデザインに取り組む際、弊社では以下のようなプロセスで進めていきます。

MarketReseach

まずはじめに、UIがインストールされるハードウェアの情報を収集いたします。
「どこに置かれるものなのか?」「どのように使用されるのか?」
「誰が使用するのか?」「その人は右手で使うのか、左手で使うのか?」など
実際に使用されるシーンはどういった状況なのかをヒアリングいたします。
また、同時に画面サイズや解像度、カラーパレット、メモリ容量、OSなどのハードウエアの仕様も確認いたします。

downarrow
ConceptAndPosition

より理解を深めるため現行モデルもしくはプロトタイプモデルをお借りし、1週間程度テスト使用することもあります。
その中で、実際にボタンの使用頻度と階層構造が適切か、表示はどの場所が最適なのかなどを観察し、改善点を探ります。

downarrow
TechnicalObligations

様々な意見を元に、どの問題を解決するのか?どういったビジュアルコンセプトを持たせるのか?など、
クライアントと意見交換をし、 コンセプトやターゲットユーザーのイメージを共有いたします。

downarrow
RoughSketchs

上記で共有したコンセプトに基づき、全体の階層構造、画面の遷移方法、グラフィックとボタンの位置などを
まずは図解とスケッチでアイデアを展開いたします。

downarrow
RoughModel

アイデアを踏まえ、担当者、担当デザイナー、プログラマーなどの開発関係者と協議します。
この時、必要に応じてAdobe Flashなどを使用し、遷移サンプルなどを制作することもあります。

downarrow
Productivity

デザインやマーケティング、プログラミングと言った要素に問題がなければ、
この段階で、全体の画面・アイコン・ムービーなどの制作を開始致します。

downarrow
CADModel

データは完成後、Eメールもしくは、CD-Rなどのメディアを使用し、納品させていただきます。
納品後、実際の実機もしくはプロトタイプへ搭載していただき、一緒に確認させて頂きます。